産業建設員会・保健福祉委員会

災害時に障害となる電柱について、安全・安心のために「無電柱化」について議論されて久しいですが。2018年に制定された「無電柱化推進法案」では、電力会社など事業者に「電柱・電線の設置の抑制や撤去」を義務付ける内容になっていて。現在、全国に約3500万本ある電柱について幹線道路を中心に抑制する狙いがあります。道路上に設置された電柱が地震や津波などで倒壊した場合、緊急車両の通行の妨げになるなど課題が指摘され、景観を損なう要因にもなっているのが現状です。この深刻さには、与野党とも異論はないでしょう。過去には、2014年11月に法律が成案化してたのですが、衆院解散や安保法制の影響で2度も見送られました。早急に法案を成立させ、少しでも無電柱化を進めて頂きたいと地方議員として願います。ちなみに、先進諸国の大都市の無電柱化率を見ると、パリやロンドン、香港は100%、台北やシンガポールは90%以上、ニューヨークも83%です。これに対し、東京23区は7%、大阪市は5%にとどまっています。

それでは何故、今まで日本で「無電柱化」が進まなかったのでしょうか。一つの問題は当然のようにコスト。無電柱化工事についての費用は、自治体、事業者で負担するのですが、世間の実勢価格では1キロ当たり無電柱化するのに5・3億円かかると言われています。これでは、国内の道路は延長120万キロもあり、すべて整備するのに途方もない資金が必要になるわけです。また、案外と知られていないのが住民理解についての問題です。電柱を無くし地下に共同溝などを敷設すると、地上にボックス型の変圧器(トランス)を設置しなければならないのですが。これが幹線道路では比較的容易に置けるのですが、住宅街の狭い道路の場合、家の前に設置されると邪魔になるなどの理由からなかなか理解が得られないケースが多々あるのです。電柱をなくせば狭い道路で車が運転しやすくなり、町並みもすっきりしますし。防災の観点からも無電柱化のメリットは沢山あるのですが、この辺りが日本の「無電柱化」の論点です。これまで国土交通省などでは低コスト化に向け検討委員会を設置して共同溝の深さ基準を浅くするなど規制緩和してきました。それでも、全国レベルでは1割程度しか削減できないといいます。コストをさらに下げて欧州などで普及しているケーブルの直接埋設を検討する必要があります。

今年も、台東区の予算委員会でも「無電柱化」が議論される事が必至です。

=====================================

午前10時開会、産業建設委員会。
【議案】
第15号議案 東京都台東区手数料条例の一部を改正する条例
第22号議案 東京都台東区道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例
第23号議案 東京都台東区公共溝渠管理条例の一部を改正する条例
第24号議案 東京都台東区立公園条例の一部を改正する条例
第25号議案 東京都台東区立児童遊園及び運動公園条例の一部を改正する条例

【陳情】
陳情30-23  旧アリの街跡地に案内板の設置を求めることについての陳情

【理事者報告】
1 補正予算について(文化産業観光部)
2 平成31年度予算について(文化産業観光部)
3 信用保証料補助返還金の誤請求について
4 台東区産業フェア2018の実施報告及び2019の実施概要について
5 海外プロモーション推進事業について
6 若者と女性のための就業支援事業について
7 補正予算について(都市づくり部)
8 平成31年度予算について(都市づくり部)
9 台東区都市計画マスタープランについて
10 上野地区まちづくりの進捗状況について
11 建築基準法の一部改正に伴う手数料の新設について
12 高齢者住宅(シルバーピア)の新規借上げについて
13 道路占用料の改定について
14 公共溝渠使用料の改定について
15 遮熱性舗装について
16 無電柱化推進検討調査について
17 公園・児童遊園占用料等の改定について
18 隅田公園休憩所の機能強化について
19 平成31年度の主な公園等整備について

===================================

午後2時開会、保健福祉委員会

【議案】
第12号議案 東京都台東区社会福祉基金条例の一部を改正する条例
第18号議案 東京都台東区地域包括支援センターの人員及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例
第19号議案 東京都台東区心身障害者福祉手当条例及び東京都台東区難病患者福祉手当条例の一部を改正する条例
第21号議案 東京都台東区立老人保健施設条例の一部を改正する条例

【陳情】
陳情30-6  生活保護基準の最大5%引き下げの「見直し案」に対し、国に撤回を求めることについての陳情
陳情30-20  国民健康保険料の引き下げを求めることについての陳情
陳情30-21  75歳以上の医療費負担の原則2割化に反対することについての陳情

【理事者報告】
1 補正予算について(福祉部)
2 平成31年度予算について(福祉部)
3 訴訟について
4 補正予算について(健康部)
5 平成31年度予算について(健康部)
6 台東病院及び老人保健施設千束の管理運営等について
7 後期高齢者医療保険料(均等割)軽減特例の見直しについて
8 住宅宿泊事業の実績について
9 補正予算について(環境清掃部)
10 平成31年度予算について(環境清掃部)

Loading Facebook Comments ...