【例月 保健福祉委員会報告】

~台東区立台東病院を守ろう~
日曜日午後、生涯学習センター研修室で行われた「区立台東病院を守る会」の総会に参加させていただきました。国の全世帯型社会保障検討会議第2次中間報告(案)(昨年12月19日)では全国にある440の公立・公的病院の削減を示し、台東区にある台東病院も名指しされました。公立病院の削減を図る国の政策を考えると、医療の質の低下、社会保障費削減による福祉政策の劣化などが懸念されます。地域の方々、吉住前台東区長、議会が共に手をとって作ってきた地域密着型の台東病院をなくすわけにはいきません。皆で守っていきましょう!!
結局、人の命を預かる医療もビジネスなのか?
新型コロナウイルス感染症の拡大で医療崩壊が迫った今年4月~5月、長年の医療費削減による病院総合力低下のためか、病床不足と救急のたらい回しが民間病院の多くであったと仄聞しています。この時、都立・公社病院は感染症病床の68%を担い、命を救う最前線で奮闘していたといいます。この意味を皆で考えていきましょう。
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
7月22日(水)午前10時開会、保健福祉委員会。
【理事者報告】
1 台東区中核病院に対する運営支援について
・永寿病院に対する運営支援の報告。これまで3回開かれた運営支援協議会の総意により台東区の永寿病院への土地貸付料(年額73,248,000円)を免除する事が決定した。また、6月26日には台東区から国(厚生労働省)へ、7月2日には台東区から東京都(福祉保健局)に対して支援を要望した。
2 ロタウイルスワクチンの定期接種化について
・令和2年10月1日より予防接種法施行令の一部を改正する政令及び改正関係省令(令和2年1月17日公布)が施行されることに伴い、ロタウイルス感染症が定期的予防接種の対象疾病病に追加されるため、ロタウイルスワクチンを定期接種として実施する。対象者は約1050名、費用は無料。今年7月から区公式HP・広報たいとう・たいとう子育てメールマガジン等で周知。また、9月下旬には接種対象者に予診票を個別送付。10月1日より実施。
3 「新しい生活様式」における熱中症予防について
・新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、身体距離の確保など、3密を避けるための「新しい生活様式」における熱中症予防を提案。屋外で十分な距離(2m)が保たれている場合にはマスクをとって休憩、冷房機器を使用する際には窓を開けるなどの十分な換気。また、こまめな水分補給、日頃からの体調管理など、従来からの熱中症予防行動の徹底。今後は区公式HP、広報たいとう、メールマガジン配信、啓発リーフレット配布など。更なる区民への周知啓発、注意喚起を図る。
4 新型コロナウイルス感染症の発生状況等について
・区公式HPなどでも公表されている新型コロナウイルス感染症の現状について報告。および、区内飲食店向け対策として行われた「ガイドブック・ステッカー配布」、台東区公式チャネルで配信された「感染防止動画」などの報告。
5 社会福祉法人台東区社会福祉事業団の経営状況報告について
・毎年、この時期に委員会報告される「社会福祉法人 台東区社会福祉事業団」の経営状況報告。(資料あります。必要な方はご連絡を!)
Loading Facebook Comments ...