2022年2月22日【一般質問】

台東区議会報告
【一般質問】
2月21日(月)午後1時から一般質問
会派からは掛川区議と田中区議が登壇
(掛川区議)
1.教育現場に携わる教職員等の雇用時の情報収集について
2.自転車の保険加入の更なる普及啓発について
(田中区議)
1.子育て世帯の住宅施策について
2.区立小中学校の学級編制について
3.オンライン授業の実施の基準について
コロナが流行するずっと前、2011年10月
デジタル教育関連の研究開発で有名な、アリゾナ州スコッツデール市で開かれた「プレミア教育投資会議サミット」の会場で、560人の投資家、教育ロビイストと100社以上の企業を前にウォール街の旗振り役であるマイケル・モーは『学校の民営化』と『デジタル教育』という巨大新市場のプレゼンをしていた。不況による財政危機と政府の教育関連における緊縮財政政策によって各州で正に大幅な教育予算カットが行われようとしていた前夜だった。そして、その流れはコロナ禍によって更に加速している。子供達を仮想空間に導くオンライン授業は投資家にとってドル箱。もはや、日本の親米ポチ国会議員も同様の思考。竹中平蔵の舵取りの中、既にアメリカと同じ船に乗っていると地方議員として痛感する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました