会社法改正

2005年、経済の国際化に対応するため、商法の一部を分離し会社関連の法律を再編して成立した会社法。15年施行の改正法の付則で、2年後に企業統治の在り方を検討するとしていましたが。この間、法制審が見直しを進めてきました。法務省は通常国会で改正法案を提出する予定だといいます。 法務省の法制審議会の部会がまとめたところによると、上場企業などの大会社に社外取締役の設置を義務付けること。また、役員報酬

続きを読む