2022年12月13日 第4回定例会 保健福祉委員会

台東区議会報告

アメリカの言いなりで武器を買う事を決めた岸田総理

自民党は大丈夫か?

平和の党・公明党はどう対応するのか?

結局、日本人はネイティブアメリカンと同じ末路か?

コロンブスがアメリカ大陸を発見する前、そこは神聖なネイティブ・アメリカンの土地でした。その後、イロコイ戦争、7年戦争、フォールン・ティンバーズの戦い、ティペカヌーの戦いなどを経て。1824年に合衆国陸軍省にインディアン局創設、インディアン強制移住法、同化政策などがあり。イギリスからアメリカに移住してきた白人は”ネイティブアメリカン”の土地を侵略したのです。

恫喝、戦争、強制、同化は・・・アメリカの御家芸。

そう、我々の祖国・日本の昭和もアメリカからの同じような”恫喝””戦争”を経過して、”政策の強制”と”アメリカ文化・教育・価値観への同化”を促されて現在に至っているのです。この流れの中に埋没していって、我々日本人に未来はあるのでしょうか。アメリカ合州国に占領された者は結局、ネイティブアメリカンと同じ運命を辿るのでは。”保留地”という場所で独立した自治を認められているようで連邦法の影響は多分に受ける。

殺すも生かすも、ワシントンの胸先三寸・・・

日本人として、地方議員として、私は一抹の不安を感じています。

1978年2月11日・・・

アメリカ合衆国BIA(インディアン管理局)によるインディアンの土地の開発に抗議して、サンフランシスコのアルカトラズ島からワシントンに向けて、400人以上のインディアン、白人、黒人、アジア人、日本人が4828キロ(3,000マイル)を行進しました。この抗議の行進を『THE LONGEST WALK』といいます。そして、ンディアン達は、ホワイトハウスの門前にティピー(移動用住居)を建て政治に抵抗しました。ロンゲスト・ウォークは、「涙の旅路」などのインディアン強制移住の苦難を再現したものであり、ジム・ソープという有名なフォックス族のスポーツ選手の業績を記念し、平和的な抗議行動として発案されたものです。以降、毎年行われています。自称保守という、威勢のいい、親米ポチ主義の売国奴の言葉に惑わされず。

日本人は「独立国家の意味」を再考する時では?

12月13日(火曜)午前10時 議会第1会議室

【議案】

第71号議案 東京都台東区廃棄物の処理及び再利用に関する条例の一部を改正する条例

 

陳情

陳情4-7 国民健康保険料の負担軽減を求めることについての陳情

陳情4-16 高齢者ふれあい入浴券の支給枚数を引き上げるよう求めることについての陳情(新付託)

 

【理事者報告】

補正予算について(福祉部)

台東区地域福祉計画中間のまとめについて

公衆浴場、介護・障害福祉サービス等事業者支援の変更について

心身障害者福祉タクシー利用者へのタクシー運賃助成について

今後の障害者施設整備について

不妊治療費助成について

新型コロナウイルス感染症の状況等について

新型コロナワクチン接種スケジュール等について

食品ロス及びCO2排出削減の推進に関する協定の締結について

粗大ごみ処理手数料の改定について

粗大ごみ受付センターの変更について

コメント

タイトルとURLをコピーしました