会社法改正

2005年、経済の国際化に対応するため、商法の一部を分離し会社関連の法律を再編して成立した会社法。15年施行の改正法の付則で、2年後に企業統治の在り方を検討するとしていましたが。この間、法制審が見直しを進めてきました。法務省は通常国会で改正法案を提出する予定だといいます。 法務省の法制審議会の部会がまとめたところによると、上場企業などの大会社に社外取締役の設置を義務付けること。また、役員報酬

続きを読む

梅原猛氏 逝く

哲学者で国際日本文化研究センター(日文研)初代所長の梅原猛さんが12日に亡くなりました。若き日、西田幾多郎や田辺元らの京都学派に憧れ、哲学を志し。その道は西田哲学をなぞるのではなく、どこまでも自ら思索し深めることだったといいます。 氏の著作で私が好きなのは、哲学書だけでなく、なんといっても漢字学者の白川静さんらに強い刺激を受けた後に書した京都新聞連載の「京都遊行」。1998年11月~2004

続きを読む

子どもの貧困対策推進法改正

国会では「子どもの貧困対策推進法」の施行から5年を迎えて法改正の動きが出ています。現行法では、対策の計画策定が都道府県の努力義務となっていますが、より身近な市町村にも計画策定を求める方向に早ければ通常国会で変わる流れです。 推進法は2014年1月に議員立法で制定され、生まれ育った環境で将来が左右されないよう教育支援などの対策を国や地方自治体が実施する責任があると規定しています。そして、政府は

続きを読む

高野山

毎年、私は正月明けに高野山へ行くのですが。今年も先日、日帰りで行ってきました。通い慣れた道、一の橋から奥の院までの約2キロの道をゆっくりと歩きました。参道には何百年も経た老杉がそびえます。木々の間には武将から庶民まで20万基を超す墓碑や供養塔が並び、「天空の霊場」は新春の木洩れ日に栄えていました。 高野山は空海・真言宗、浅草寺は比叡山から連なる最澄・天台宗。どちらも、日本の仏教における天才二

続きを読む

都区間の本当の課題

区政・都政には専門的で奥の深い話もあって、「都区財政調整制度の仕組み」などは最たるものです。この制度の詳細を長々と書くと、学者の論文みたいになってしまうので、短文で解説・報告するのは難しいのですが、この制度を取り巻く、特別区23区議会の課題を少々書いてみます。たとえば、皆さんにも関心があると思われる”減税論議”について・・・ なぜ、台東区で独自に”減税”が実現できないのでしょうか?それは、「

続きを読む

路上の仏

この季節になると、地元の健康推進委員会で御一緒だったSさんを思い出します。胃がんで亡くなったSさんは、とても温厚な方で竹町に移り住んで10年程しか経っていないのに町会の世話役のような風情でした。奥様の話によれば、祭り好きのSさんは引っ越して来た翌日に町会長の電話番号を自分で調べ、「町会にある祭りの会(睦)に入会したい」と懇願したそうです。それから10年、町会の人にも愛され、健康推進委員などのボラン

続きを読む