公務員の命は民間人の3倍?  

阪神大震災が起きた1月15日が近づいてきましたが。昨年末、東日本大震災に関し、自由党の先輩である達増知事が率いる岩手県で聞いた話。 東日本大震災の時、震災犠牲者の遺族には市町村から生計維持者には500万円、そうではない者には250万円の災害弔慰金が一律支払われたそうです。それに加えて、勤務中に死亡した民間サラリーマンや自営業者には、労災保険から最高300万円の遺族特別支給金が支払われたので民

続きを読む

国際都市である21世紀の台東区

2018年に日本を訪れた外国人旅行者数が初めて3千万人を超えました。最終的には3100万人程度に達するようです。外国人旅行者の増加は、上野・浅草にいれば誰もが実感することでしょう。 そんな台東区のお隣り、荒川区立諏訪台中学校では8カ国からやってきた生徒たちが仲良く勉強して、スポーツも盛んです。先生たちは外国からやってきた生徒たちに日本の文化を学んでもらおうとNIE運動を展開しています。

続きを読む

中空構造の大切さ

ロシアとの北方領土交渉は暗礁に乗り上げ、レーダー照射に伴う韓国との協議も難航。 ネット右派には「ナショナリズム」を煽る意見もあるようですが。 こんなに下手だったかなあ、日本の外交。。。安部さんのせい? 日本人である私が思い出すのは、かつて文化庁長官で臨床心理学者だった河合隼雄氏が唱えた言葉。 それは、日本人社会が古来から持つ『中空構造』という長所。 つまりは、日本がキリスト教神話のよ

続きを読む

外国人労働者

最近、近所のコンビニに行くと外国人の店員さんを多く見かけます。 国別でみると、中国・ベトナム・ミャンマー・タジキスタンなど。 恵まれた時代、日本人の若者がつかない職種に外国人雇用の機会があるといいます。 うーん、日本人にとって、そして日本で働く外国人にとって、互いに良い事なのでしょうか。難しい。 先月12月終盤、改正入管難民法に基づく外国人労働者受け入れ拡大に関する基本方針などが閣議決

続きを読む

香港・マレーシアからの友人

今年も香港・マレーシアの友人が日本に。 羽田空港まで迎えに行ってきました。 彼らの話では、年末の香港の街は例年に比べて人気は少なく。 中国中央政府と香港との関係が如実に顕れた年末年始だったと。 旺角(モンコック)のネイザンロードや女人街でも観光客は少なく。 華僑2代目の友人が会社を持つ、灣仔・尖沙咀・銅鑼湾・セントラルでもホテルに空き室があったといいます。 何しろ、日本人だと理

続きを読む

貧困の問題 地方議員として見えるもの

母子家庭の母親kさんは、私の選挙の手伝いもしてくれた”飲み友達”というか”食い友達”。 他の友人も交え、年に何回かはBBQをしたり、上野界隈で食事会をしたりの仲。 そんな彼女は3年前、長年連れ添った御主人と協議離婚。 大して収入のなかった御主人からは満足な養育費も得られず、パート先の給与も上がらず、 小学生二人を抱えた彼女の生活は貯金も尽きて大変なことに。 テレビのワイドショ

続きを読む